店頭購入とは違う通販で最良なベッドを見つける方法

ベッドは、快適な睡眠をとるために欠かせないアイテムの一つです。ベッドは家具店など売られている場所が限られています。ベッドを店頭購入しようとする場合、より自分に合ったベッドを探すには手間を必要とします。しかしながら、通販でのベッド購入は、多くのお店を自分の好きな時にいくらでも見て回ることができ、最適な一品に出会える可能性が高まります。とはいうものの、通販でのベッド購入は、実物を目にしたり手に触れてみたりすることができないため、届いてみたら写真や説明と違うといったことも生じやすいです。通販では安く手に入るという点も魅力ですが、安い理由の一つに、自分で組み立てることが含まれている場合があるので要注意です。店頭では詳しいスタッフに質問したりアドバイスを受けたりしてベッド選びをすることができますが、通販では自分の欲しい物を探して購入するという形になります。

ベッドを通販で買う前に店頭でお試しするのが得策

ベッド選びでまず大切なことは、サイズです。理想のベッド幅は、肩幅プラス30センチと言われています。それを踏まえた上で、ベッドを置きたい場所のスペースを確認しましょう。理想のベッド幅を追求しても、部屋に置けない、あるいはベッドに占領されてしまう状態では意味がありません。次に、ベッド選びで最重要なことがあります。マットレスです。寝心地を左右するものなのでこだわることをおすすめします。マットレスは、スプリングの種類や詰め物の種類によって様々な物があります。例えば、ノンコイルタイプは寿命が長くないですが、安価で洗いやすい物が多く、小さな子供のいる場合は成長と共に買い替える場合が多いのでおすすめです。通販ではベッドに触ることができないので、それぞれのマットレスの特徴を知った上で、店頭で色々な感触を知るのが良いでしょう。

通販でベッドを買うならそれぞれの良し悪しを知る

最後に、ベッドの高さを決めましょう。床に直に置くロータイプ、脚付きタイプ、収納付きのタイプ、ロフトタイプなどがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。ロータイプは床からの高さがないため落下しても怪我をする恐れが低いです。しかし収納力の低さや埃が付きやすいといったデメリットがあります。脚付きタイプは通気性がロータイプに比べて良いというメリットがあります。ベッド下の収納力はあまりないので収納力を求める場合はおすすめできません。ベッドは寝るために使用することが多いためデッドスペースが生まれやすいです。その悩みを解消するのが収納付きベッドです。ベッドに引き出しが加わるので、価格はロータイプなどに比べて上がります。ロフトタイプは狭い部屋でベッドの他に机や収納スペースを確保することができます。通販でベッドを買う際は、店頭でいくつか実物を見てから自身の欲しいものを探すのが良いでしょう。