「化粧品」と「薬」の違い

薬は、病気やケガを治療したり、予防・診断したりするため「一時的に」使うものをさします。 その目的のためにはある程度の量を使う必要がある場合もあります。 薬は時に苦しい副作用が出ることも少なくありません。 副作用は病気やケガという大きなトラブルを解消するためには仕方ありません。 そして症状が消えたら、薬の使用が終了です。 薬の「効果」は健康な身体の働きを乱すものなのです。 それに対して化粧品は、健康な身体を清潔に保つ・美しく装うなどのため「日常的に」使うものです。 そのようなアイテムに薬のような効果があったら大変な理由はここからです。 日常的に使用するものに薬の成分をいれると大変な理由は副作用です! 日常的に薬を使用するということは、日常的に副作用が起こるということです。 化粧品に劇的効果のある成分を配合できないのはこれが一番大きな理由です。 肌トラブル時に化粧品を控えたほうがよいのも、化粧品は健康な身体に使うのが前提だからです。 健康なときには平気な成分が、そうでないときには刺激になるかもしれないからです。 体調や肌の調子に異変がある時は化粧品を控える理由が分かりましたね。 メイクは健康な時にだからこそ映えるものです。

毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。でも、伸芽会ならそんな嘘の情報に惑わせられることもありません。 多くの合格者から受験内容をリサーチし、その情報をもとに過去問題や、受験対策を行っています。 伸芽会は受験を見据えた教育を行う幼児教室です。志望校合格を目標とした幼児教室をお探しなら伸芽会へ。